2001年からの運用実績、GMOグループのGMOペパボ株式会社
業務提携も充実、インターネットの便利さを追及した日本を代表するサーバ


個人向けユーザーが多発、圧倒的な人気で170万人の利用実績
ロリポップ!レンタルサーバーでは、ご利用用途に応じてプランを5つ用意

個人向けレンタルサーバーとして、定着して人気も強いがビジネス向きも対応
モジュール版PHP、同時アクセス数拡張など、安定・高速サーバー環境を提供

サポート体制は、メールでの対応に加え、チャットサポート(土日対応)
スタンダード以上のプランから電話サポート対応 平日10:00~18:00

ロリポップ!〈料金・機能〉

※ 長期契約で大幅割引、24ヶ月契約:月/1,045円、36ヶ月契約:月/990円

タブの切り替え↓

〈エコノミー・ライト〉〈スタンドード・ハイスピード・エンタープライズ〉
 サーバースペック
サーバーOSRedhat系 Linux(CentOS)
WebサーバーApache 2.4.x、ハイスピードプラン以上(LiteSpeed 5.4)
CPU
メモリー
ストレージオールSSD
HDD構成RAID10
サーバー収容人数詳細は非公開
サーバー管理国内大手データセンター収容
ネットワーク回線速度 1000Mbps
ロリポップ!

ロリポップ!の特徴

稼働率99.99%以上を実現!高い安定性の高性能サーバー

初心者からの支持も熱く、根強く定着!

申し込み総数も170万人を超え、人気ある老舗ブランド


WebDAVが標準装備されてデータ共有が実現!

ネットワーク共有で、データの保管及びスマートフォンと共有


他社のサーバーで作成したWordPressを簡単引っ越し

WordPressのデータベース内のデータを移せる機能


アクセラレータ(コンテンツキャッシュ)

サイトの表示を高速化してサーバー高負荷時でも安定


リソース制御機能(スタンダートプラン以上)

「同時アクセス数拡張」一時的に緩和 アクセス集中に備える


CGI版のおよそ7倍の高速性能「モジュール版PHP」

スタンダード以上、高負荷の表示遅延を低減、レスポンスを維持


Webサーバー「LiteSpeed」採用のハイスピードプラン

オールSSD、アクセス数拡張無制限、自動バックアップを取得


アップロードファイルウイルスチェック

意外と嬉しい!FTPでアップロードする際にウイルスチェック


PC用ウイルス対策ソフト|7世代バックアップ

オプション 月額300円「Webデータ・DB」のバックアップ対応


ロリポップ!は、各プランの性能値は同等のクラスで設定せれているが
「収容数や同時アクセス数」などの、制限値と機能面を割り与えられている仕様

上位プランを選択すると利用制限が緩和され、より快適な環境で利用できる

ロリポップ!

ロリポップ!の評価は?

ロリポップ!(LOLIPOP!) に対する評価は?
HIKARI

ロリポップ! 評価

4

まぁ、言わずと知れた「ロリポップ!」ですよ! ほんと
サーバーを使ってる方は、1度は利用したことがあるのではないでしょうか?

とにかく、個人向けユーザーは、通る道で根強い人気です。
確かに、低価格で個人向けとし「かゆい所に手が届いてる」と言う感じですね

何と言っても、Webサーバー「LiteSpeed」を採用したハイスピードプラン
高速化だけでなくアクセス集中時の高負荷時も安定性が保たれる特徴となる

オールSSD、同時アクセス数の無制限、アクセラレータ(キャッシュ)など
サイトの表示を高速化に特化されてサーバー高負荷時でも安定が保たれる仕様

また、過去7回分のバックアップも無料で自動保存される仕組みになってるが
ただ、バックアップの取得には手数料(10,000円税抜)が発生します

とにかく、圧倒的に速さと安定性を追求したハイスピードプランになっていて
価格も、1,100円/年とお手頃な設定になっていると思います!

2016年あたりからサーバー性能も大きく変わり、高速化の取り組みにも拘っていて、性能的に満足されるユーザーの声も高まってますよね!

あと、「SNIの提供とHTTP/2への対応」の、無料SSLの提供も開始してますし
スタンダード以上からは、電話サポートの対応されている!

注意点は、ハイスピードプランのみ「LiteSpeed」が対応しているなど
他の様々な高速環境の機能は、プラン毎に大きく変わることになる!

ここが凄い!ここが最強

柔軟な5プラン

ロリポップ!プラン
HIKARI

ロリポップは、月額100円から、大規模サイト向けのプランまで用意されていて、

エコノミーは「MySQL」が使えないので、Wordpressが使えません
ライトの場合は「MySQL 1個」が使えるので、Wordpressが1サイトのみ
スタンダードは「MySQL 50個」になるので、複数のWordpressが運用できますね!

ライトとスタンダードでは、どちらも「PHP版モジュール」が対応しているので、
レスポンス的には、差ほど変わらなく、複数のサイトを利用したいか?になるよね!

HIKARI

ハイスピードに関しては、下位プラントとは別物で、Webサーバに「LiteSpeed」が採用され、高速処理(表示速度)に期待が持てて、他社と比べても引けと取らない!

ドメインずーっと無料

ドメイン無料
HIKARI

エックスサーバーが先駆けとして、「ドメイン無料」提供のレンタルサーバーが多くなってきましたね!

ロリポップ!も、ライトプラン以上の1年契約が条件で、年間1,400円くらいの独自ドメインがもらえて嬉しんですが・・・・


ただ、このドメインに依存してサイトを構築するってことは、ロリポップ!から移転ができずらくなり!移転したい場合は、URLの変更が伴うことを視野に入れる必要がありますね!※SEO的には一時的に順位変動の恐れあり

高速化の取り組み

ロリポップ!高速化
  • 今、主流の「PHP7」「HTTP/2」の対応
  • 「同時アクセス数拡張」制限値を一時的に緩和することができる機能
  • アクセラレータ(アクセスが集中時に効果的、PHPの処理の負荷を軽減して速度アップ)
  • 「モジュール版PHP」は、従来の「CGI版」に比べて高速化を実現
  • PHP(LiteSpeed版)は、「モジュール版PHP」より圧倒的に高負荷時の安定性に優れてる
HIKARI

「ライト・スタンダード」で使える「モジュール版PHP」は、PHPの処理能力が格段と上がり、「FastCGI」よりも効率的に実行されて高速処理でレスポンスが上がる!

PHP(LiteSpeed版)に関しては、「モジュール版PHP」より圧倒的に高速処理が可能で、高速表示をアピールしているレンサバで主流になりつつありますね!

HIKARI

アクセラレータは、PHPの動作モード前に、一時的にキャッシュしたコンテンツでリクエストに答える仕組みなので、

アクセスが集中して高負荷の場合でも安定が保たれて、レスポンスも助けますね!

ただ、一時キャッシュの保持は10分間なので、アクセスが少なければ作動しません
10分間の中で、アクセスが増えると、キャッシュしたコンテンツを表示させますね

HIKARI

ロリポップ!は、プランごとに、同時アクセス数の制限を設けていて、
制限に達したら、「同時アクセス数拡張」機能を設定できるのだが

基本的に「同時アクセス数拡張」機能に関しては、あってないようなもので、
拡張機能が必要になるくらいアクセスが集まってきたら、上位にアップグレイドするか?、他社に引っ越すなどが余儀なくされることになるわけですね!

自動バックアップ

バックアップ
HIKARI

ロリポップ!の自動バックアップは、基本(有料オプション)ですね!

エコノミー・ライト・スタンダードは、
オプション300円税抜を払えば、いつでも7世代分のバックアップで復旧できる

ハイスピード・エンタープライズは、
月額300円は要らない!いつでも自動バックアップを7日分保持しているよ!
だけど、復旧する際は、10,000円税抜ちょうだいね!ってことで

HIKARI

ですので、データを復旧することを目的にする場合は、
ご自身で、定期的にバックアップを取るか?

オプション(300円)を毎月支払って、復旧の際に備えるか?
ハイスピード・エンタープライズの場合は、10,000円税抜で復旧できる

バックアップオプションは、復旧だけでなく、
任意のタイミングで、データをダウンロードできることになりますね!

WordPress簡単移行

ロリポップ!(Wordpressの簡単引っ越し
HIKARI

近年、主流になってきた「WordPress簡単引っ越し」機能がありますね!

・画像ファイルやプラグイン・テーマファイル等
・データベース内のデータ(記事データや各種設定)など

HIKARI

一部「.htaccess」などは、任意で移動させる必要がありますが、
初心者さんにとっても、簡単な作業で、サーバ移転ができるので役立つ機能になる!

転送量の充実

ロリポップ!(転送量)
HIKARI

5Gサービスの開始に伴って、インターネットトラフィック(通信量)が増加傾向が高まってきました!

ハイスピードは、エックスサーバーの転送量「600GB/日」と同等の数値

無料独自SSL

ロリポップ!独自SSL
HIKARI

無料の独自SSLは、定番の「Let’s Encrypt」に対応

有料オプションとして、信頼度が高い「クイック認証SSL」が導入できますが、
ただ、個人向けとしては「高い」なかなか手が出せないですよね!

HIKARI

常時SSL化は、どんどんどん高まり、chromeなどのブラウザでは、警告がでる仕組みでもあるので必要不可欠になります。

一方で、無料のSSLは、なりすまし(フィッシングサイト)によく使われて、信頼度が薄いです。ですので、1,500円/程度のオプションが個人向けに喜ばれます!

セキュリティ関連

ロリポップ!セキュリティ
HIKARI

不正アクセスによるサイトの改ざんや情報漏洩を防ぐ機能「WAF」を完備
「WAF」も、標準装備として提供されていて「ON/OFF」切り替えができる

ただ、「WAF」は、強力な側面もあるが、ご認知などのトラブルも抱える場合もあるので、設定が細かくできれば使いやすくなるんですが!

HIKARI

海外アタックガードは、エックスサーバーで言えば「Wordpressセキュリティ設定」と同じように、国外IPアクセス制限を設定することができますね!

「MovableType管理画面、MovableTypeコメント機能、CMS管理画面等」など
WordPress以外の場合でも、設定ができるのは、不審なアクセスを制限に効果的だね

サポート体制

サポート
HIKARI

ロリポップ!のサポート体制は、メール、チャット、
あとは、スタンダード以上から「電話サポート」が受けれますね!

ロリポップ!は、需要も多いので、批評的には賛否も多いですが、
基本的には、サポート体制としては充実していて機能しています!

ロリポップ!のデメリット

自動バックアップは、オプションというイメージが強いのですが、ロリポップ!でも従来から「自動バックアップオプション」として、月額300円で提供されています。

ただ、下位プランは、オプション扱いでも仕方ないですが、すくなくとも「ハイスピードプラン」以上は、復旧でも無料にして欲しいですよね!(※復旧時には別途10,000円税別が必要)

そういった意味では、近年は、無料の自動バックアップの提供のレンタルサーバーが多くなってきて、有料オプションでの取り扱いは、デメリットにせざるを得ないですよね!

手頃な、独自SSLのオプションの取り扱いが無いんですよ!
ますます、常時SSL化が進み、ある程度信頼がある有料なものを使いたいと考えても導入しずらい。

エックスサーバーは、年1,000円程度からオプションが利用できる中、ロリポップ!の場合、月額2,000円からとなるので、正直、個人向けとしては厳しいですよね!

ロリポップ!の お申込み

お申込み、

詳しい詳細は公式サイトで


初期費用を無料にするには?